税理士の資格は税理士の業務を行うのに必要な資格です。
税理士の業務は税務関係の仕事、会計関係の仕事、コンサルティングの仕事といったように、色々と仕事の内容が分かれています。
税理士の中でも一番の仕事である法人や個人の確定申告を行うという仕事は、税理士だけが行うことのできる仕事になり独占業務ですから重要が高い資格と言ってもいいと思います。
不景気の関係から、節税対策についてアドバイスを求める人も多く、税理士としてプロのコンサルティングの仕事をしている人も多いのが玄徐湯です。
税理士の資格試験は11科目ある中から、必須の試験5科目を選ぶことになります。
それぞれの科目ごとに合格が決まり一度合格した教科は他の科目が不合格の場合も、それ以降有効になるので、習得しやすいのではないでしょうか。
税理士の資格を取得してからは、独立開業することもできますので大きなビジネスチャンスにもつながります。税務コンサルタント業務を行ったり、国際税理士になったりビジネスの幅も色々と広がっているのが現状です。
これから税理士として活躍したいと思っている人は、税理士資格を取得しなければいけませんので、まずは勉強を始めることから始めましょう。
税理士資格取得に向いている人というのは、地道な仕事が好きな人で、計算なども好きな人が向いています。細かい計算の仕事が多いですから、計算が苦手な人は難しいと思います。
また他の人や会社の帳簿を預かる仕事ですから、責任感も必要です。

ホーム