衛生管理者資格とは、設置が義務付けられている資格の一つでもあります。
衛生管理者資格は、職場環境が整備されていることを確認して、その状態を維持するための専門家を言います。
その職場で働いている人の健康管理や衛生面での教育、作業をする環境が安全であるかどうか、作業の条件が適正であるかどうかなど、あらゆる職場の環境について整えるのが仕事です。
働いている人の人数が、50人以上の職場では、衛生管理者が1人以上は設置しなければいけないと義務付けられています。
しかし職場の多くが資格取得者が少ないことが現状ですから、資格を持っていることはかなり有利に働くと思います。
衛生管理者の資格は種類があり、すべての業種に対応できる第一種の資格と、危険で有害な業務に関わることのあまりない業種にだけ可能な第二種の資格がありますので選んで習得するといいでしょう。
会社の総務部や人事部、労務関係の仕事をしているという人は、衛生管理者資格を持っていることでメリットは高いと思います。
国家資格になりますので、持っているだけで転職就職に有利になります。
今の日本では衛生管理者資格を持っている人の数というのはかなり減っていることが現状ですから、設置しておくことが義務付けられているのにいない事業所もあると言われています。
これからもっと労働安全衛生法は厳しくなると予想されていますから、衛生管理者資格を取得した人がもっと必要とされるのではないでしょうか。

ホーム