薬剤師の資格は薬科大学を卒業し、国家試験を受験して初めて薬剤師の資格を取得できます。薬剤師の資格を持っている人は今とても、需要が高いと言われています。
その理由は、薬剤師の数が全国的に少ないからです。
昔は薬剤師と言えば、医療機関の中にある院内薬局や、院外薬局で働くくらいしか働く場所というのはなかったのですが、ここ数年で、薬剤師が働ける場所が増えたことが、ニーズが高まった理由です。
ドラッグストアなどでも、薬を販売しているところは増えて、薬局以外でも、薬剤師が働ける場所というのが増えました。
薬剤師がいないとドラッグストアなどでは薬が売れないとして、薬剤師の資格を持っている人の求人を出しているお店が増えたのです。
薬剤師の資格を持っていれば、長期にわたって色々な職場で働くことができますので、比較的安定した収入をずっと得ることができます。
薬剤師の時給や給与は専門職ということになるので高めに設定されていることが多く、パートやアルバイトの薬剤師の場合でも、1500円から2000円位の時給が付けられていますので、高時給です。
結婚して子供を産んでからでも女性の薬剤師として働くことができますので、人気があります。
薬剤師の資格は大学を出て専門の勉強をした上でしか取得できませんが、最近は薬剤師がいない時間帯でも薬を販売できるようにと、薬剤師の代わりを務めることができる新しい民間の資格もできていますので、そちらの場合は比較的まだ難易度も低いので取得しやすいでしょう。

ホーム