ヘルパーの資格と言えば、ホームヘルパーの資格があります。
ホームヘルパーの資格というのは体が不自由なお年寄りや障害者の家へ行って日常生活を援助したり、食事や入浴、排せつなど身の回りの世話をする人の資格です。
ホームヘルパーの資格と言っても1級から3級まであるので、それぞれレベルに合わせて出来る仕事の範囲なども違っています。
ホームヘルパーの資格というのは試験なしで取得できる資格試験です。
指定された講習を決められた時間受ければ、誰でも試験なしで取得できるのです。
特にホームヘルパーの子宮の3級の場合には、身の回りの家事などの業務が一般的ですから、誰でも取得できます。
初心者でホームヘルパーの資格を取得したいと思っている人は、3級からではなくて2級から取得を目指す人が多いと言われています。
ホームヘルパーの資格を取得してから、実務経験を3年以上積めば、介護福祉士になるための資格試験の受験資格をもらうことができますし、実務経験が10年以上になれば、介護支援専門員の資格を取るための試験の受験資格がもらえます。ホームヘルパーの資格は、これからもっと高齢化社会が進む日本ではかなり需要が高い資格になります。
職業として行うためにも資格があればいいですが、自分の家族の介護のためにも役立つ資格になりますので、重宝すると思います。
いろいろな働き方がありニーズも高い資格ですから、将来性も高く、ホームヘルパーの資格は実用資格では人気があります。

ホーム