登録販売者資格は、とても新しい資格です。
登録販売者は、一般的にドラッグストアなどで販売されている薬を販売するプロの資格を持った人のことを言います。
薬剤師が行っているような内容の仕事の一部を行うことができる資格で、つい最近できたばかりの資格です。
薬剤師が行っている仕事の中の、処方箋を見て調剤をするという仕事や、安全や注意が必要とされている第一種の一般医薬品を販売することはできませんが、そのほかの薬剤師の業務は、できる資格となっています。
とても新しい資格ですから、まだ持っている人が少ないので、今資格を取れば、働ける場所はたくさんあると思います。
登録販売者の資格を取得した後は、薬局、ドラッグストア、薬を取り扱うスーパーなどで働くことができます。
かなり人気の資格で、資格ができてから受験している人が多いと言われています。
今まではドラッグストアなどでは薬剤師がいなければ薬が販売できなかったのですが、登録販売者がいればそれで一般用の医薬品は販売可能になりました。
薬剤師を雇うよりも時給などの面で低めに雇えることもありニーズが高い資格と言ってもいいと思います。
今ドラッグストアで働いている人などは、登録販売者の資格を取得すれば、キャリアアップにもつながりますし、資格手当などがつく職場もありますのでお勧めです。
また登録販売者の資格を取得してから、自分で独立開業をすることも可能になりましたから新しいビジネスチャンスにもつながります。

ホーム