栄養士の資格を持っていれば、病院や医師の指導のもとで患者さんへの栄養指導を行うことができたり、幼稚園、保育園、学校などの給食施設で、栄養に関しての指導や管理を行うことができます。
栄養士の資格を取得するためには、厚生労働大臣が認可している所定の大学や短期大学、専門学校で、決められた課程を履修した上で、卒業してから、それぞれの都道府県に登録をすることになります。
申請した上で、試験を受けずに栄養士の資格を取得することが可能です。
栄養士としてある程度の実務経験を積んだ後は、国家試験を受験することができます。
この国家試験では管理栄養士になる資格取得可能です。
栄養士の資格を取得後は様々な場所で働くことができます。
病院や学校はもちろんですが、最近は老人福祉施設なども数多くありますので、そちらで働くこともできます。
最近は、フードコーディネーターなどの外食産業で活躍する人が、栄養士の資格をまずもっているということもよくあります。
栄養士の資格は、試験なしで取得できる資格ですから、資格を持っている人の数はとても多いのが特徴です。
これから栄養士の資格を持っている人の働ける場所というのは今以上に広がると予想されています。
スポーツジムなどで栄養バランスのとれた食事のアドバイスをすることもできますし、食品メーカーなどでも色々と研究開発に力を入れることができます。
栄養士の資格を必要としている職場は増えていますので就職などには役立ちます。

ホーム