調理師資格は調理師になるための資格ですが、調理師という職業は調理の業務を行う際にとても必要な資格ですが、調理師免許を持っている人以外が調理師という名前を名乗ってはいけないことになっています。
独占名称資格の一つです。
調理師の資格を持っている人というのは、ただ単に調理の技術が身についているだけでなく、食品や食べ物の栄養バランスや、衛生面、適切な調理方法、季節性なども考えて調理をするスキルも必要ですから、調理に関して幅広い知識が必要です。調理師の資格は誰でも取得することができるわけではありません。
レストランなどの飲食店で、2年以上調理の仕事を経験したことがある人でなければ調理師試験を受験することができません。
そして都道府県が実施している調理師試験に合格をして免許の申請を行って始めて調理師資格を取得したということになります。
調理師試験では、国家試験として衛生法規、そして公衆衛生学・栄養学・食品学・食品衛生学・調理理論・食文化概論の中から出題されます。
調理師免許を取得するための受験資格としては2年以上実務経験があれば、いいのですがパートやアルバイトをしているという人の場合には週に4日以上1日6時間以上働いていなければ2年以上の実務経験とはみなされませんので注意しましょう。
他にも調理師の資格を取得するためには厚生労働大臣が指定している調理師学校で勉強をして必要な知識や技術を身につければ、試験なしで調理師免許を取ることも可能です。

ホーム